診療のご案内について

診療のご案内について

玉木病院では、初めての方でも安心して、
相談、治療をうけていただけるように、
患者さまやご家族さま一人一人に
寄り添った医療を提供しています。

お気軽にご相談ください。

「こころが疲れた」と感じた時、一人で悩まずお気軽にご連絡ください。また、ご本人だけでなくご家族さまのご相談にも対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

初めての方でも安心
受付の様子 受付スタッフ

診察の際にお持ちいただくもの

  • ・保険証(場合により、医療券や自立支援医療受給者証も必要となります)
  • ・診療情報提供書(転院の場合、ご紹介状を必ずお持ちください)

初診の流れ

予約制となっております。

予約制となっております


まずはお電話ください
精神保健福祉士が症状や希望日時をうかがいます。

受診日時のお知らせ
受診日時が決まり次第ご連絡いたします。

初 診
受診前に精神保健福祉士が
聴き取りを行います。

入院のご案内

予約制となっております。

入院前後の流れ


外来受診
外来にて診察を受けていただきます。
必要と判断されれば、入院となります。

入院手続き
費用や利用できるサービス等、気軽にご相談ください。
(情報提供いたします)

入 院
退院に向け、サポートさせていただきます。

入院の際にお持ちいただくもの

  • ・保険証(または医療券)
  • ・印鑑
  • ・限度額適用・標準負担額減額認定証も利用できます。
  • ・衣類、洗面用具、はきもの等

外来受付・診療時間

デイケア・訪問看護をご利用の方はこちらから(デイケア

診療時間 土・日
午 前
8:30~11:30
新垣 米子
加我 いつか
田本 伸
後藤 健治
武村 敏男
田本 伸
尾野 勤子
富山 幸祐
中山 勲
西村 利秀
×
午 後
13:00~16:30
新垣 米子
加我 いつか
田本 伸
名嘉 梧平
中山 勲
西村 利秀
名嘉 梧平
當 俊朗
武村 敏男
當 俊朗
×

外来受付・診療時間

初診

受付時間

再診

受付時間

休診日

午前

診療

:月曜日~金曜日

8:30~11:00

8:30~11:30

土曜日、日曜日、祝祭日

午後

診療

:月曜日~金曜日

13:00~15:00

13:00~16:30

担当医紹介

  • 中山 勲

    中山 勲

    Isao Nakayama

    Work
    精神保健指定医
    From
    昭和39年徳島大学医学部卒
    About
    自画像:未だ少年の日の夢から醒めぬ老人
    趣味:音楽に陶酔し、読書に人生の美を見つけ、旅でとりとめない想念を追って 歩きまわり、時にエッセイを書き、たまにゴルフをする。
  • 田本 伸

    田本 伸

    Shin Tamoto

    Work
    精神保健指定医
    From
     
    About
     
  • 武村 敏男

    武村 敏男

    Toshio Takemura

     

    Work
    精神保健指定医
    From
    平成5年京都大学医学部卒
    About
    趣味:写真、料理
    診療スタイル:一緒に考え、悩み、協力してよくなっていくように努力しています。
  • 新垣 米子

    新垣 米子

    Yoneko Arakaki

    Work
     
    From
     
    About
     
  • 名嘉 梧平

    名嘉 梧平

    Gohei Naka

    Work
     
    From
     
    About
     
  • 當 俊朗

    當 俊朗

    Toshiro Atari

    Work
     
    From
     
    About
     

心理臨床課

カウンセリング(心理面接)

心理的援助を必要としている人に対して、専門的なカウンセリングを提供いたします。対人関係の悩み、家庭の問題、自分の性格や病気、障害等について、臨床心理士と一緒に考えてみませんか。自分自身のことを素直に見つめ、それを自由に語ることで、主体的に生きられるようお手伝いをいたします。 ※ 基本的には1週間~1ヶ月に1回程度で、1回(最長)50分を目安におこないます。 ※ 守秘義務の基にカウンセリングをおこなうため、内容が外部に漏れる心配はありません。

心理検査

心理検査を通して、現在の心の状態や物事の捉え方等、自分では気づけない心の一面を探ってみませんか。発達及び知能検査、人格検査、認知機能検査等、多数の検査をご用意しています。お気軽にご相談ください。

心理臨床課

心理臨床課では、臨床心理士が働いています。 主な業務は、心理面接、心理検査ですが、 その他に、デイケアのプラグラム活動や作業療法のグループ活動にも関わっています。

作業療法課

作業療法とは簡単に言うと“心と体のリハビリ"です。病気からの回復を促すことを目的に具体的な作業活動を利用し、症状の軽減や気分の安定を図ったり、人とのつきあい方や生活機能の改善を目指すなど、その人らしく、より良い生活が送れるよう治療・指導・援助をおこなうリハビリテーションの活動です。

作業療法課

近年よくご相談いただく症状です

当院で近年よくご相談を受ける事柄に
アルコール依存症、ストレス・うつ病、統合失調症
などがあります。
一人で悩まず、まずは専門医にご相談ください。

お気軽にご相談ください。

こころの悩みはなかなか他人には相談しづらいものです。また、病院に行くべきものなのか、どこに相談したらよいのか、わからないこともあるかもしれません。困った時、迷った時はぜひ当院にご連絡ください。専門の医師およびスタッフがしっかり時間をとってお話をうかがいます。

アルコール依存症

アルコール依存症とは、
アルコールの作用によって意志の力だけでは飲酒を
コントロールできなくなってしまう「病気」のことです。

ある日を境にして急にアルコール依存症になるわけではありません。

多量の飲酒を繰り返していると、誰でもアルコール依存症になる危険があります。アルコール依存症の患者数は全国で推計109万人と言われており、多量飲酒者数も加えると、約979万人にも上ります。しかし、その中で適切な医療を受けている方は、ほんの数%しかいません。 自身のアルコール依存症を否認して、飲酒し続けた人の平均寿命は約52歳です。そのため、アルコール依存症の治療には、早期発見・早期治療が重要なのです。

過去1年間に下記の項目のうち3つ以上が同時に続いたか、または繰り返し出現した場合、アルコール依存症が疑われます。
1 お酒を飲みたいという強い欲求
2 飲酒の時間や量をコントロールすることが困難
3 禁酒あるいは減酒したときの離脱症状(不眠、発汗、ふるえ等)
4 たくさん量を飲まないと酔えない
5 何よりも飲酒を優先させる(仕事、家族、趣味、娯楽、行事等)
6 明らかに有害な結果が起きているにもかかわらず飲酒する

※ アルコール依存症のICD-10診断ガイドラインを基に作成

玉木病院ARPのご案内

アルコール依存症の治療として、当院ではARP(アルコール・リハビリテーション・プログラム)をご用意しております。入院はもちろん、通院やデイケア通所の場合もご利用いただけます。見学等も可能です。お気軽にご相談ください。

自主学習 輪読会 院内断酒会 ウォーキング 自主学習 自主学習 自主学習
ビデオ学習会 愛知断酒会 自主学習 AA 新生倶楽部 自主学習 自主学習

ストレス・うつ病

うつ状態になってしまったら早めに 専門家に相談することが大切です。

現代はストレス社会と言われています。私たちは家庭でも職場でもさまざまなストレスに取り囲まれていますが、うまくストレスが処理できずにたまってしまうと、病的に気分が落ち込んだりさまざまな心身の不調をきたしたりします。
うつ状態になってしまったら早めに専門家に相談することが大切です。抗うつ薬や気分調整薬による薬物療法が有効ですが、上手なストレス対処法を身につけないと再発・再燃することも多いので注意が必要です。

ストレス・うつ

統合失調症

統合失調症とは、幻覚や妄想が生じたり、 考えがまとまらなくなったりします。

いないはずの人の声が聞こえるといった幻聴や、誰かに狙われていると信じ込んでしまうといった被害妄想などの陽性症状が生じたり、考えがまとまらなくなったりする病気です。
ドパミンやセロトニンといった脳内伝達物質のアンバランスが原因と考えられており、治療においても伝達物質のバランスを整えるような薬物療法が主体となります。
最近では陰性症状にも良く効き副作用も少ない、新しいお薬も開発されてきています。

総合失調症

診療のご案内について

近年多く見られる症状

診療時間
受付時間 8:30〜11:30
13:00〜16:30
休診日/土曜日、日曜日、祝祭日
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせは
098-892-5336

受付/8:30〜16:30
土曜・日曜・祝祭日除く

face book